スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
爪の隙間からみかんの香り、そんな季節がやってきましたが
週に一度が根強く定着、その上それに対する諦めも心も居ついてしまったり
取り返しの付かないほどに、この定期更新にやり易さを感じているため
これからはこのスタイルでやっていこうと思います

少々、我がデータバンクが枯渇気味なため
それを潤すために懲りることなく真夜中の団地への散策を試みるのだ
いい加減このネタのしつこさも甚だしい域へ踏み入った感じしますが
あまりに、毎度毎度異なるものを感じさせてくれるものだから、ついね
決して、散歩の良さを広める押しつげがましいブロガーではございません・・
と、言い切れる自信を喪失してしまったため急遽方向転換いたします・・
ちなみに昨日で散歩は最後とし、大々的に廻ったのですが・・
これぞネタの枯渇加減を示唆、いや提示させるようなものではないか・・
・・・

あ、そうだ
wa4.jpg
終わりましたフォースデトネイターッ!
瞬く間に終わってしまいましたが、プレイ時間を見れば一目瞭然ッ!
結局20時間で終わってしまいました・・
体感的にも非常に短い、とんとん拍子で世界の危機だもの
ただその中にずるいぞ!って程に痺れる演出があったり
進化しても残留するワイルドアームズ特有の恥ずかしい演出もあったり
心に残る一作であったのには間違いありません
前回同様無難な落ちどころでのクリアとなりましたが
エンディングはそこそこ好きかな、
キャラの存在感がプッシュされた現代的なRPGであり
またまた前回同様キャラは濃いんだけれども
キャラの多さにストーリーが足りていないありさま・・
今回ブリューナクコマンダーという11人の敵が存在します
これまたどいつもこいつも少年の血を騒がせるキャッチフレーズで・・
ブルーデスティニー(涙に浮かぶ未来)を筆頭に
イナーシャルキャンセラー(抑えられない砲火衝動)とか
システム・クロノス(絶対の彼方)とかね
11人もいれば予想も付く結末ですが
捨て駒の様な扱い、力試しに自発的にやってくるアホも数名
そんなこんなで、そのほとんどが一戦で役目を終えてしまうという
痛快と捉えるか、いい加減と捉えるか、にもよりますが・・
さらに、この上に5人の騎士団がいて、いや・・もうよそう・・

2319533131.jpg
そしてHEX戦闘について
序盤は関心してやまなかったのですが
やはり毎回同じマス上なため、ボス戦での戦闘の画一化が否めない・・
スロウダウンとクイックで大きな差が開きますから
ターン予測のラインナップが見方キャラアイコンで埋め尽くされたことを幾度と無く見たことだろう
本当にこのゲームは雑魚>ボスでした・・
ランクの高い雑魚が団体で現れたときは恐れ入って逃げ、
ボス戦はド派手な登場とともに、すかさず鼻で笑うほど弱い、そんなゲームバランスでした
HEXに慣れるまでは難易度が高いと錯覚したりもしましたが
意外と単純で、レイポイントを利用すれば、たちまち有利な戦闘が展開できる
うーん、個人的にアドヴァンズドサードの戦闘のほうが好きかな~

4160683706.jpg
ワイルドアームズのあの操作性の悪さがとうとう改善・・・、普通にされてしまいました
あのダッシュの疾走感が取り上げられのは少し心惜しいけれど
そもそもこれがあるべき姿なのではないかというくらい、ジュードは生き生きしていた
さらにジャンプ(二段階)、スライディングなどアクションゲー顔負けの運動神経も追加
グッズという存在も、その場にある物を使うようになり
ダンジョンの仕掛けは頭を悩ますものではなく、体を動かすものへと変化していました
なんだかんだで面白かったかな~

総合するとまずまず!
1,2,3,4,とやってきたけどやっぱ面白いぜワイルドアームズッ!
金子となるけのタッグによる、この一区切りまでで決めるとすると
3が一番面白かったかな、うんうん

そして、4を締めくくるに当たり曲の紹介を

ガンブレイズ
通常戦闘のBGM、イントロを重点的に飽き飽きするほど聞かされるけれど
クオリティが高く、溢れ出すほどのなるけらしさが

輝槍は闇を突き穿つ
一部ブリューナクコマンダー戦の曲
サイスとアルノーの一件がものすごい印象深い・・

そこに貫く意地は固く
クルースニク戦の曲、なんだかんだでこれが一番
クルースニクは異常なまでにかっこよかったけれど・・
通常戦闘やイベントに使うのはちょっと・・

荒野の果てに Ver.Detonator
ワイルドアームズお馴染みの荒野の果てにのアレンジ戦闘曲
こうも一貫してやっている身として、かっこよさに聞きほれてしまうほどでしたが
ここぞとばかりにこの曲が流れるイベントはダサい・・

不夜城 ギャラボベーロ
戦闘曲ばかりではあれかなと思って街の曲
魅力的な街であったのに関わらず、ストーリー上では倒れていた人の手当てでしかこの街を利用しませんでした
そのくせ、やたらクオリティが高いよね、


そして今やっているのが女神異聞録ペルソナ
幻想シリーズ、ヴァルキリーシリーズの次にやろうとしていたため
今現在あまり乗り気ではないのですが
そういえば、ワイルドアームズ1を買ったときもそんな感じだったことだし
今後どんどんペルソナシリーズに引き込まれていくことうけあい
そういえば最近P3,P4やらよく耳にするし
世界樹の迷宮やらアバタール・チューナーやらアトラスという会社も力を付けてきているようで
興味深いような気もするしね
今のところ、ペルソナですが
モンスターと会話ができるという変わった戦闘システムは魅力的ですが
自分が歩いているような、あのダンジョンがどうも慣れません・・
そしてセーブポイントが過少


掟破りの一睡がこんなにも人を変えるとか
今の今まで更新など勘定に入れておりませんでしたが
そういえば週1という最低条件を設けてあったり
そして決め手がこの喉を通ってくれないほどの暇ッ!
今日は手ぶら丸腰でFc2へ舞い降りてきました
今日という今日は何一つネタを用意してないし、いざという時の在庫もスッカラカンさ
手持ち無沙汰に筆を取って、さぁ何を書けばいいのだろうか
どこまでも続きそうなこんな下らない前置きか
しかし、それはそれで持ちそうにない、
よってそろそろ本題に入りたいのだが・・
これは・・難産だ・・
本題という希望の子がなかなか顔だしてくれません
普段はゲェッ!って感じに排出されるではないかッ!
うんともすんとも言わない我データバンク!記事を書くには差し支えがありすぎる!
とりあえず場を持たせるためにも、成否の不安なんかなんのその
最近の昼寝事情とその自説についてで押し切るのだ!
規則正しい生活って羨ましいけれど実行に移せないだとか
そういう位置づけの人って多いらしいんですが
自分は割と心がけているわけでもなく規律の基に踊らされ
規則正しい生活という鎖に縛られて生きてきたような人間なので
軽度の夜更かしごときで僕は妙なテンションにさせられ、翌朝並々ならぬ後悔を強いられる
そもそも夜のお散歩とか初心者のしそうなことでもあるしね
極めれば極めたで深夜徘徊って形で再演してりするんだろうけどね
ちなみに意図的に寝ないってのは幾度目かの大晦日で乗り越えた山ですが
寝たい、しかし寝れないという人知れぬ心理的戦況が僕にとってとても恐怖です
小学生だったあの日、悪ふざけに缶コーヒー2缶飲んだあの夜がトラウマでね・・
まぶたを閉じようとしても、それを弾くように無意識の瞬きが待っている、目はパッチリでさ
確かあの夜はホットミルクという意外性に長けた治療法で事なきを得たんだけど
多分あの一件を契機に、コーヒー及び夜更かしからも足を洗ったっけな
思えばあのころ、ガキの癖してブラックバラエティ見てるやつらを無理しちゃって~と鼻で笑ってたけど
自分の非の正当化、まさに心理学で言うところのすっぱいブドウ、頭の悪いガキは自分のほうでした
眠れぬ夜に恐れる僕が、その原因である昼寝を冒すことに消極的なのは当然
しかもそれだけでなく、根本から嫌悪感を抱くような思い出が一つ
忘れもしない幼き頃のあの日、アニメを見ている最中、プツリと落ちたことがあり
夢も見ず、びっしょりかいた汗と暑さで飛び起きる、そして体はだるくて重い、頭もガンガンだ!
あまり寝た気もしない、そんな意識とは裏腹にテレビでは見ていたはずのアニメの次の番組を流していてさ
あれがまたトラウマなんです
あの日からは、風邪で寝込んだ日でなければ、昼寝ってのは選択肢のうちに不在でした
まぁ、そんな自分の常識をひっくり返したのが記憶に新しいあの未曾有の忙しさを味わったテスト期間
深夜いかに頭を回すか考えたうえでの、仮眠という形でこの偉業を成し遂げたのであった
起きたらどんな世界が待ち受けているのか、そんな覚悟もままならぬまま震える手でタイマーをセットし、瞬く間に布団に体をうずめる
あのときやけにドキドキしてたなー、そして一時間後の起床は頭痛を伴いつつも己の成長を体感していた
あれ以来、昼寝を肯定的に捕らえることができるようになり
むしろ頭かきむしってはおもむろに手の匂いをかぎ続ける、そんな退屈な休日の昼が
あの冒険心そそる夢とロマンの深夜に変換ができるとは
画期的で素晴らしい行為ではないかとまで思い始めています
聴いた話によると、昼寝1セットは夜寝の5時間分に相当するほどの休息効率を誇るんだとか
5時間は大げさだとしても、確かに幾倍かの充実感はこの身にて体験済みだ
すると広い心を持たずしてもあの頭痛は許容範囲ではないかと思えてきます
急激に走れば筋肉が痛くなるように、急激に休めば脳が痛くなる
あぁどうしてこんな簡単な事に気づかなかったのだろう!


限界が来てしまったようだ
そんなこんなでフォースデトネイターッ!
今週の堕落ぶりはさながらルシファだとお褒めの言葉を頂けるほど
当然のごとく一週間クリアなど手に余る挑戦
さきほどラスダンに突入しました
今日終えてしまうと、これからの一週間が暇ではないかとか、そんな微々たる気遣いが
ラスダンで寸止め利かせてくれたんでんす
どの道、あと一回のプレイで終わっちゃうんだけどね
プレイ時間は20時間弱、時間で見ると短いゲームなんだなぁ、って
まぁみたところ隠しボス、やりこみ要素は多いようで・・
WAつったら桁違いに強い隠しボスがお約束だけど
無視してやるのが僕なりの決まり、かまってられんわ・・
そんなこんなであと2,3時間かしら
少し早いけどゲームの評価を一さじ
まずHEX戦闘が熱い!
狭すぎる7マスのフィールドでの遣り繰りがね
対マスの状態異常を仕掛け、モンスターをおびき寄せるだとか
剃刀のように鋭い思考と戦略が輝く
にしてもラクウェルが強すぎて結局楽をしてしまうんだけどね
強さよりも数が主張する、HEX戦闘ではボスよりも雑魚のが手こずるっていうバランス
そして戦闘曲のラインナップがどれもこれも素晴らしい
戦闘をより燃え上がらせるぜ!
ストーリーとしては
常に緊迫していて、戦争後の廃墟とかした世界という設定もWAお馴染みだけど、今回はまた輪をかけてよりいい味をだしているんではないでしょうか
にしても人がよく死ぬ・・予想以上に重いんではないか、このストーリー
詳細は後々
今日という日は飛び込み台
こんにちは
もうどうしようもなくワクワクの
マジトイレの壁にマジ穴あくほどマジ半端ねぇワクワクが居間ここに!
中間テストは幕を閉じそして今日、基本情報試験は葬り去った!
両者ともによいできばい、後者は合格間違いなしといった感じ
要するにつまり、僕は束縛から解き放たれたのだ!
面舵いっぱい堕落の限りを尽くしてやる!
このはちきれんばかり情熱を何にぶつけよう!
まぁぶちまける前におさらい!

中間テストですが
たとえ、勉強時間が伴わなかろうが、ただただ机に向かう
そんな僕の気構えが実ったようで
勉強時間はたいしたことないけど、がんばった気持ちするよ!
でもそれって勉強したことになるの?でも要は気持ち
思えばシムシティばっかやってたような気もするけれど
常々テストを第一に考えてすごしたよ
そして新たな勉強スタイルがここに設立された!
それは散歩というよく分からない気分転換!
灯台もと暗しとかいうけれど、意外と近所の地理が浅はかな自分を思い知らされました
閑散とした通りを無我夢中で歩いてると
倉庫団地の深層までいっちゃって、すると夜中1時とかでも働いてるんだよね
そしてダイドーの自販機が多いこと多いこと
おそらく深夜まで身を粉にして働く倉庫の従業員達には
ダイドーのコーヒーが一番なんだろうね
倉庫の前に一つダイドーなんだよ、そして倉庫は連立してるわけだから
どこもかしこもダイドーなんだよね
そしてたいていが10円引き、働く従業員もちょっと元気がでるよね
まぁ、僕はそんな従業員が太鼓判を押すダイドーのコーヒーを110円で買って散歩しながら飲む
そんな感じでリフレッシュによる効率回復を図ってました
傍から見れば、怪しいのかもしれないけど
気分は大賢者だよ、ベテラン勇者が低姿勢でPT誘ってくるくらい
いざ帰宅してペン握ると反射的にぶんなげて気だるさ到来なんてことが多いんだけどね
散歩中意気込めたささやかな気合・・・なんなんだあれは
結果としては
詰めが甘かったッ!!
なんかもう、ダメダメだった理科!
無くしたプリントから出題されたアルゴリズム!
教科書を網羅しても繕いきれない世界史!
とはいっても全体的に見ればなかなかの出来栄え
堕落しがいってのがあるよ


そして正直中間テストよりも高い位置づけをしていた基本情報
基本といえど国家資格、今までのとは格が違うんですね
意味不明!の一点張りで真面目に勉強するのを避け続けているうちに
一ヶ月きっちゃって、やるしかない雰囲気にもかかわず
強情張って落ちると割り切った立ち振る舞い
・・で、さすがに自分変えようと思ったのは2週間前くらいかしら
不真面目なりにも問題はこなしていたってのがあって
コツとやる気で事なきを得たんですが
絶対自分は社会人になってからじゃ検定なんでできる人間じゃないんだなと痛感しましたよ
この合格は努力でなくて感謝の賜物に他ならない
いや・・合格は確定してないんですがね
個人的には出来たと感じました
やる前から受かる受かると自己暗示を施し
もはや落ちるなどあり得ないとそこまでの自信過剰をかかげ
今日の秋晴れは俺の合格を示唆してるんだろうなー、とか勝手に決めつけて
痩せると謳われるバナナを二本貪り、良いコンディションで運べました
でも、会場入るとたちまち自信喪失しちゃって
始まる前は緊張して、この温暖な気候のもとあったかいコーヒー買っちゃってその場に跪いたり
手が震えてマークシートがうまく塗れなかったりと割と悲観的なスタートを切ったけど
テスト中にはもうニヤニヤがとまること無かったんですから
時間も1時間余って、徹底的に見直し
うんうん、ただ少し気がかりなことがあって
基本情報技術者ってのは配点が定められてないんです
何故かというと全体での合格率が20%ほどなんですが
それを保たなければいけないためで、
万が一、みんなイケイケだった場合
超シビアな配点でザルに掛けられてしまうんです
配点操作ってどういうことをするのかっていうと
合格率を上げたい場合は
正解率の高い問題の配点が高くなるように仕向き
合格率を下げたい場合はその正反対のことをします
終了後の会場に立ち込めるは安堵感
そして、帰りのバスでは「今回は楽だった」という信じがたい事実が確定した
となると、正解率の低い問題でいかに稼げたのかというのが重点・・
うーん、なんかもうあんま考えないことにした・・


立ちはだかる双璧を撃破した勝利品
今日戦が終わるや否や、たちまちゲオへ繰り出し
ワイルドアームズフォースデトネイター買ってきましたッ!
予定ではね、ロックマンXのPS範囲とシムシティ2000も買う予定だったけれど
・・PSゲームの過疎化を垣間見たよ、アクションのジャンルは2段にわたるよね、僕の常識だけど
それにしてもすごいぞフォースデトネイターッ!
3→4、何があったの?って変化
どこまでも貫くかと思われたあの操作性の悪さは改善されてしまい
グッズ、ダッシュという概念もなくなったのかな~
そして常に主人公の斜め上におっさんがいるような
それだけおっさんをプッシュしたシリーズだったというのに・・
異例の全員未成年パーティが結成された
さっそくWAじゃねぇ!って思ったけど、ここは抑えて
戦闘は面白いんだよね、うんうん
まぁ、まーだ始まったばかり、いらぬ評価後ほど




[今日という日は飛び込み台]の続きを読む
copyright © 2005 舞う人咽る人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。